会議中

ベトナム人の人材派遣を利用する利点

腕組みをしている2人

ベトナムは、タイやインドネシアなどと比較すると、インフラの整備が圧倒的に悪い状態です。これからは日本のODAによって、空港や高速道路を組み立てるのみでなく、民間での建設需要がかなり見込まれています。一方では技術力が高くて、一定の能力がある労働者などは遥かに少なく、明らかに人材が不足しているのが現状です。
その為上記のような人材への需要とは、凄く大きくなっております。日本へとベトナム人労働者を何年か派遣すれば、ある程度の知識や技法などを身に付けた、以前よりも優れた労働者になって帰国する、素晴らしいメリットを得られます。日本で働いていた事から、この労働者は日常会話レベルの日本語あるのなら、問題なく普通に話す事だって出来ます。
なのでベトナムの建設会社からすると、日系の大手の総合建設業者と同盟を結んで、日本のODAにも参加しやすくなる、魅力的な利点があります。日本からすれば、ベトナムの中で極めて有能なベトナム人の人材を、労働力へと上手く活かす事が出来る、嬉しいメリットが存在しています。優秀であるかどうかはともかく、ベトナムで事業を行うから、ベトナム人労働者でないと駄目だと言うのは、日本人だけが持っている常識であります。

PICK UP CONTENTS

UPDATE ARTICLE

2016年10月20日
ベトナム人の人材派遣を利用する利点を更新しました。
2016年10月20日
日本でベトナム人が人材として活躍するわけを更新しました。
2016年10月20日
工場の人材にベトナム人が採用される理由を更新しました。
2016年10月20日
人材として期待されているベトナム人を更新しました。